国税庁サイトでは平成27年相続税の申告についての統計が公表されています。

平成27年分の相続税の申告状況について(平成28年12月公表)

 

 

平成26年 平成27年 増減数
亡くなられた方の人数 約127万人 約129万人 +約2万人
 うち相続税の課税対象者 約5万6千人 約10万3千人 +約4.7万人
1人当たりの課税価格 約2億407万円 約1億4,126万円 -約6,274万円

 

平成27年は相続税の基礎控除額の引き下げ等の改正があり、

課税対象となった方は約1.8倍に増えています。

一人当たりの課税価格は6千万円ほど下がっているので、

基礎控除の引き下げの影響が大きいと言えるでしょう。

 

当事務所にも相続税のご依頼は年々増えております。

相続税がゼロでも、申告は必要というケースもあります。

少しでもどうかなと思った場合には、ぜひご相談ください。

 

《追記》

なんで今さら平成27年の相続?28年じゃないの?とご質問いただきました。

相続税の申告期限は亡くなってから10カ月です。(厳密には「亡くなったことを知った日の翌日から」)

平成27年12月末に亡くなられた方の申告期限は平成28年10月末までです。

このため約1年後でないと統計は出ないんです。

この資料は昨年12月にでていたので、ブログを書くのが遅すぎるのもありますね(^^;)