こんにちは。神戸市明石市の税理士事務所、濱田会計事務所です。

ICOCAやWAONなど最近は電子マネーを使う方が増えてきました。

現金を持ち歩かなくてもいいので財布がスッキリして便利ですね。

事業でも使う企業が増えてきたように思います。

さて、本日はこの電子マネーの仕訳についてご説明いたします。

 

電子マネーのカードを作ったとき

ICOCAなどの一部の電子マネーはデポジットとして一定額を預けておかなければいけません。

解約時には返金されますが、解約するまで預けっぱなしです。

今回は1000円払って、そのうちデポジットが500円かかったとします。

借方借方金額貸方貸方金額
預け金
(電子マネー)
¥500現金¥1,000
保証金¥500

”預け金”でなくても”仮払金”などでもかまいません。

私は、”電子マネー”や”ICOCA”という勘定科目を作って管理することをオススメしています。

 

電子マネーに現金をチャージしたとき

借方借方金額貸方貸方金額
預け金
(電子マネー)
¥1,000現金¥1,000

チャージしたときにはまだ経費になりません。

 

電子マネーで電車代を支払ったとき

貸方借方金額貸方貸方金額
旅費交通費¥400預け金
(電子マネー)
¥400

電子マネーを使ったときに経費にします。

 

電子マネーのカードを解約したとき

デポジットとは別に、残金が500円残っていた場合

借方借方金額貸方貸方金額
現金¥1,000預け金
(電子マネー)
¥500
保証金¥500

 

利用履歴で確認を!

電子マネーは利用履歴を確認できるものもあります。

この利用履歴で経理処理をするだけでなく、

印刷するかPDFで保存しておけば税務調査の際の資料としても活用できます。

ぜひ保存しておいてください。